2006年06月14日

チャイコフスキーのバレエ組曲CD 白鳥の湖の公演を観てきました



週末に、牧阿佐美バレエ団の、白鳥の湖全幕公演を観てきました。

白鳥の湖は、前にも何度か観たことはあるのですが、実際に バレエを習い始めてからは初めての鑑賞となりました。漠然と観ても楽しめる作品ですが、以前は、やはり筋を追うことにフォーカスしてしまっているきらいがありました。今回は、まだまだ素人ながら、少しはステップだとか回転だとかの凄さも堪能することができた気がします。

今回、この公演を観に行くことにしたきっかけは、例の 練習用DVDです。本来は子ども用の教材なのでお手本は小学生と中学生の女の子たちなのですが、バリエーションについては、大人のバレリーナのお手本が入っています。その一人が、青山季可さんで、彼女のプリマデビューということで、この公演チケットを購入したのです。

最初、登場したときには、ちょっと勢いがつきすぎていたみたいで決めのポーズが決まらなかったりと、少々不安なスタートでしたが、段々、緊張が解けてきたのか中盤からは、実に伸び伸びと踊っていました。有名な黒鳥の32回フェッテの頃には、貫禄さえ漂うくらい堂々として安定した踊りだったと思います。

白鳥の湖は、白鳥と黒鳥を同じ人が踊るというのが一つの見所でもあります。青山さんの場合には、ゆったりとした悲しみを表現する踊りの多い白鳥よりも、ジークフリードを誘惑しながら早いテンポで踊ることの多い黒鳥の方が、あっているように感じました。

牧阿佐美バレエ団の白鳥の湖を収録したDVDというものはないみたいなのですが、白鳥の湖は、バレエの中ではおそらくもっとも有名でかつ上演回数も多い作品の一つだと思うので、是非、ホンモノの舞台を見てみてください。とてもセレブな気持ちになれること請け合いです。

古典のバレエには、普通の衣装で踊る演劇に近いような場面と、白いチュチュをつけて踊る場面(白バレエともいいます)とがありますが、白鳥の湖は、幕ごとにそれが変化するので、あまりバレエに詳しくなくても楽しみやすい作品です。

そして、是非観に行く前にオススメしたいのが、音楽に馴染んでおくことです。実は、このCDはうさぎが「眠れる森の美女」を初めて観にいくときの予習用に購入したものです。チャイコフスキーの3大バレエ、「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」、「くるみ割り人形」の中から、何曲かづつピックアップしたもので、カラヤンの指揮によるものです。知っている曲が少しでもあると、その音楽と踊りとの調和など、より深く楽しめるし、長めの公演でもめりはりを持って鑑賞できるので、いいですよ。

実際、聞いてみると、いろいろなところで使われていたり、メロディーはよく知っている曲も多くて驚くかもしれません。ですから、日常のBGMとしても適していると思います。うさぎの家では、日曜の午前中、お掃除をするときのBGMなんかにも使っています。


 楽天ブックスチャイコフスキー バレエ組曲を買う

 電子チケットぴあでバレエ公演を検索する


手(パー)バレエ観に行ってみようかな、と思ってくださった方、ぽちっと応援お願いします人気blogランキング
スポンサーリンク
posted by うさぎ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ 気分はお嬢様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19163956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。