2006年07月19日

白布温泉 中屋別館不動閣に行ってきました 本因坊戦と王将戦の宿


山形県白布(しらぶ)温泉 中屋別館不動閣
(画像をクリックすると詳細が見られます)


海の日の3連休、久しぶりに温泉への癒され旅行に行って参りました。山形県の白布温泉 中屋別館不動閣です。


温泉旅行は、うさぎ家では定番のイベントなのですが、ここしばらくはご無沙汰していました。そんな折、海の日の3連休にふと気付き、急に思い立って「温泉に行こう!」ということになりました。

でも、世の中みんなが3連休、渋滞は必至ですよね。そこで、今回は場所優先ということで、遠くてもいいから東北道狙いということになりました。以前、天元台スキー場に行った際に、立ち寄り湯でお邪魔した白布温泉を思い出し、そこへ行ってみることにしたのです。

天元台高原は夏山としても人気がありますが、冬季はスキーシーズンも長いことで有名です。以前、2泊3日のスキー旅行に行ったときは、ふもとのロープウェー乗り場に車をとめて、荷物を持ってロープウェーで上にあがりました。宿を、ロープウェー下り場からゲレンデに行く途中にあるペンションに取って、ゲレンデ滑り出しの日々を過ごしました。

宿のご主人によると、天元台に来る人はほとんどが県外客なそうです。特に、雪不足ででもない限り、地元山形の人はもっと近場のスキー場に行くので、こんな山の上までやってくるのは、山スキー狙いの人だけらしいです。

最終日、宿をチェックアウトしてロープウェーで下りたところ、うさぎ家の車はすっかり雪に覆われており、乗り場のおじさんに借りた雪かきで30分くらいかけて掘り出したほどです。それほどの大雪だったこともあり、ほんとに楽しかったです。

その帰りにも、ふもとの古くからある温泉、白布温泉によりました。たしか、東屋旅館のお風呂だったと思います。そして、今回は、すぐ近くですが、中屋旅館の別館にあたる中屋別館不動閣というお宿にすることにしました。

この旅館はインターネットで見つけて何気なく予約したのですが、大正解でした。まず、建物ですが、パッと見は決して立派ではありません。というか、いつも新しくきれいにしている旅館を見慣れていると、少し心配になるくらいです。でも、中に入ってみると、古いだけで、メンテナンスされていないわけではないことが分かります。ほかにも、お部屋が6畳で2〜3人用と狭めだとか、基本的に部屋にトイレがついていない、とか古い感じがしますが、それもこれも、古くからある旅館だからのことでしょう。白布温泉自体は、開湯700年ということで、鎌倉時代から沸いていたお湯ということになりますね。

建物の古さを乗り越えて、ここまでファンになってしまうのは、お湯の良さでありお食事の良さなのです。お風呂は、オリンピック風呂という細長いお風呂で、そこが渓谷の美しい眺めになっています。露天風呂は、実際には屋根がついているので半露天ですが、開口部が広いので、開放感は普通の露天以上かもしれません。豪雪地帯では、完全露天は難しいのでしょうね。

お湯は、弱めの硫黄泉でした。箱根とか八幡平の硫黄臭が辛い人でも、ここなら大丈夫でしょう。お湯に手を浸して鼻先に持っていって初めて感じる程度です。源泉が60度とのことで、加水して冷ましていますが、掛け流しでものすごくリッチな気分になれます。着いてから、夕食の前、朝食の前と、1泊なのに3回も入浴してしまいました。

お食事は、特に強調して宣伝されてはいなかったので、あまり期待していなかったのですが、実はとてもおいしくいただけました。地元の素材を使っているので、見栄えはそれほど華やかではないのですが、お味はだしがしっかりときいた薄味でとても上品でした。

そうそう、お部屋の眺望なのですが、是非、渓谷側をオススメします。お部屋は最初にも言ったように、豪華だったり新しかったりはしないのですが、渓谷の水の音はホントに心やすらぎますので。

実際は、往きは渋滞知らずでしたが、東京から正味5時間程度、と決して手軽に行ける距離ではないかもしれません。でも、それだけの価値があると思います。帰りは、3連休の最終日で多少混みましたが、プラス1時間程度だったので、許せる範囲内でしょう。できれば、今度は2泊くらいして、のんびりとしたいと思います。

なお、囲碁や将棋に興味のある人はご存知かもしれませんが、このお宿は、囲碁の本因坊戦将棋の王将戦が行なわれる定番宿のようです。ほんとに静かで風情のある場所なので、うなずける感じです。豪華ではないけど、セレブな雰囲気を感じさせてくれるお宿でした。


 中屋別館不動閣日本旅行で見る

 中屋別館不動閣公式ホームページを見る


手(パー)お湯にこだわる温泉好きの方、ぽちっと応援お願いします人気blogランキング
スポンサーリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20961866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。